札幌ボードゲームコレクション

札幌在住独身男のボードゲームレビューです。

サイズ - 大鎌戦役 - 拡張 変転の大地 多言語版

f:id:sechsmerquise:20190728105748j:plain

基本情報

制作:アークライト(Arclight)

メーカー:Stonemaier Games

デザイン:Jamey Stegmaier

 

特徴

 『サイズ - 大鎌戦役 - 拡張 変転の大地 多言語版』は、『サイズ -大鎌戦役-』で使用できる追加マップの拡張セットです。

f:id:sechsmerquise:20190728105938j:plain

 こちらは今までの拡張セットとは違い箱に入っておりません。下の写真のようにビニールに包まれているだけなので、一度開封すると他の収納方法を考える必要がでてきます。

f:id:sechsmerquise:20190728105814j:plain

 マップは1枚ですが両面に印刷されているため表裏合わせて2種類となります。

f:id:sechsmerquise:20190728105822j:plain

f:id:sechsmerquise:20190728105824j:plain

 本拠地の場所も変更でき、4箇所の空白スペースの上に置く地形タイルも4枚(両面あり)あるため、毎回、異なる環境で遊べるようになりました。

f:id:sechsmerquise:20190728105835j:plain

 基本セットだけでは、序盤の戦略がワンパターンになりやすかっただけに、これは嬉しい拡張となります。

f:id:sechsmerquise:20190728105916j:plain

 新たに『施設ボーナスタイル』が8枚加わったので、ゲーム展開に幅が出ました。

f:id:sechsmerquise:20190728105833j:plain

 地形タイルや本拠地はマップの上に重ねて使用するため、厚みがある分、少し段差ができてしまいますが、あまり気にはならないと思います。

f:id:sechsmerquise:20190728105939j:plain

 地形タイルはダンダムで置くことになっていますが、下の写真のように湖が本拠地に隣接するようには置けないというルールがあるので、完全にランダムとは言えません。

f:id:sechsmerquise:20190728105941j:plain

 地形タイルは両面印刷なので、上のように本拠地に隣接するときは、裏返して置くことで対処できます。

f:id:sechsmerquise:20190728111642j:plain

 冒頭でも触れたのですが、収納については、私のように各種コンポーネントを別売りのものに切り替えて仕舞っている場合、

f:id:sechsmerquise:20190728111644j:plain

 基本セットの箱に追加して収納しようとすると、下の写真のように箱からはみ出してしまいます。

f:id:sechsmerquise:20190728111647j:plain

 蓋をしても、下の写真のように少しだけ浮いてしまいますが、それほど困るようなことはありませんでした。

f:id:sechsmerquise:20190728111653j:plain

 

こちらで買えます! 

サイズ - 大鎌戦役 - 拡張 変転の大地 多言語版

サイズ - 大鎌戦役 - 拡張 変転の大地 多言語版