ボードゲームコレクション

手持ちのボードゲームを紹介します。

かくされた部屋 Hidden Rooms

f:id:sechsmerquise:20180509214016j:plain

基本情報

制作:空理計画

デザイン:はくし

イラスト:はくし

 

特徴

 『かくされた部屋 Hidden Rooms』とは、一人用ダンジョン脱出ボードゲームです。

f:id:sechsmerquise:20180509214029j:plain

 無駄のないデザインと高級感を感じさせる質感。この洗練されたコンポーネントのセンスが素晴らしいです。

 さて、ゲームの準備です。このゲームはタイルを裏にして、ステージをランダム選択する所か始まります。

f:id:sechsmerquise:20180509214038j:plain

 裏側にしたタイルの山から1枚選んだタイルに書かれた数字が、今回のステージ番号となります。今回はステージ3となります。

f:id:sechsmerquise:20180509214046j:plain

 冒険の書のステージ3を開くと、ホイールというモンスターと徘徊するルートが表示されています。

f:id:sechsmerquise:20180509214055j:plain

 タイルの山から2枚選んで、

f:id:sechsmerquise:20180509214106j:plain

 好きなタイルをスタート位置に置いてプレイヤーの駒を置きます。選ばなかったタイルは下に置きます。以降、この下に置かれたタイルを使うか、タイルの山から選ぶかを選択することになります。

f:id:sechsmerquise:20180509214114j:plain

 タイルを置いて自分の足場を構築し、決められた行動を取るモンスターを避けながら出口を目指します。

 

f:id:sechsmerquise:20180509214122j:plain

 タイルを置く時にルールがあります。①タイルは隣接して置かなければならない。②隣接して置くタイルは常に数字が大きいもの、または同じ色であること。

f:id:sechsmerquise:20180509214131j:plain

 モンスターはプレイヤーの遠くにいる間は冒険の書に書かれたルートで移動しますが、距離が近いとルートを無視して最短距離で近づいてきます。

f:id:sechsmerquise:20180509214020j:plain

 ゲームはタイルの引きで左右されるところもありますが、4色のタイルの数字は1~6の1種類ずつなので、次に引けるタイルが同じ色か数字が大きいかの確率を計算することができます。そのため、自分の番に駒を進められるかどうか割と簡単に予測できます。ゲームが進むにつれてタイルの予想が簡単になっていくため、中盤までにモンスターを上手く避けれることができるかどうかが鍵となります。

 一人用ボードゲームには、対人ゲームのような面白さはありませんが、焦らずじっくり考えられるところがいいですね。

kuuri.booth.pm