札幌ボードゲームコレクション

札幌在住独身男のボードゲームレビューです。

Love Letter(ラブレター)

f:id:sechsmerquise:20190526162823j:plain

 

基本情報

メーカー:アークライト

デザイン:カナイセイジ

イラスト:杉浦のぼる

特徴

 『ラブレター』は、日本のボードゲーム界では知らない人はいないカナイセイジさんの作品です。日本のボードゲーム界で最も有名な作品で、デザイン違いなども発売されています。

 パッケージには基本ゲームで使う16枚のカード(下の写真)と、ルールにアレンジを加える差し替え用カードが入っています。

Love Letter(ラブレター)

インスト(3~4人用ルール)

ゲームの準備

①16枚のカードを裏向きでシャッフルして山札を作ります。

②山札の一番上のカードを裏向きのまま脇に寄せます。ここで外したカードはゲームでは使いません。

③各プレイヤーは山札から1枚ずつカードを引いて、手札とします。手札は他のプレイヤーに見せないでください。

④スタートプレイヤーを決めます。

終了条件と勝者

 次のAかBの条件を満たすとゲームは終了します。

A.山札がなくなった。

 山札がなくなったら終了です。すぐに全てのプレイヤーは手札を公開し、カード左上の数字が一番大きいプレイヤーの勝利となります。

B.1人を残して、他のプレイヤーが全員脱落した。

 1人を残して、他のプレイヤーが全員脱落したら終了です。手持ちのカードの強さに関係なく、最後まで脱落しなかったプレイヤーの勝利となります。

ゲームの手順

 スタートプレイヤーから順番に、時計回りに各プレイヤーは、次の手番を行います。

 手番では、プレイヤーは山札からカードを1枚引き、2枚になった手札から好きなカードを1枚だけ選んで場に出します。

 このとき、場に出したカードに効果が書かれていたときは、その効果を処理します。

 その後で、捨て札として、自分の前に並べていきます。並べた捨て札は、お互いに手持ちのカードや山札に残っているカードを推理する材料となります。

 カードの効果で脱落したプレイヤーは、手札を全て捨て札にしてゲームから降ります。

 終了条件を満たすまで、これらを繰り返します。

カードの紹介

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

Love Letter(ラブレター)

最後に

 ルールは簡単で、プレイ時間も5分ほどで終わります。ボードゲーム入門として、最初に遊ぶゲームとしてはオススメできますが、すでに他のボードゲームで遊ばれている方には物足りないかもしれません。

 普段ボードゲームをしない友人たちと軽く遊ぶのには、ちょうど良いゲームだと思います。

※ルールを分かりやすく説明するため一部ルールを省略しています。プレイするときは、必ず説明書を読んでください。

こちらで買えます! 

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

  • 発売日: 2014/05/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

デザイン違いはこちらです!

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

  • 発売日: 2016/07/09
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
ラブレター -恋文- ([バラエティ])

ラブレター -恋文- ([バラエティ])

  • 作者:カナイセイジ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア:
 
XENO(通常版)

XENO(通常版)

  • メディア: おもちゃ&ホビー