札幌ボードゲームコレクション

札幌在住独身男のボードゲームレビューです。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

基本情報

メーカー:Aporta Games

デザイン:Eilif Svensson, Kristian Amundsen Østby

イラスト:Martin Mottet

特徴

 『マグニフィセント』は、どこよりも素晴らしいサーカス団を作り、誰よりも名声を得て、世界一のショーマンを目指すゲームです。キャンプを広げてキャストを増やし、テントを建てては、誰をも魅了するショーを開きます。 

 コンポーネントは、幻想的な夜のサーカスを思わせるデザインとなっており、黒を基調としたものとなっています。 

 

 全プレイヤー共有の『ゲームボード』

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)


 各プレイヤーに配られる『プレイヤーボード』は、4人分で4種類あります。A面・B面と両面使えるリバーシブル仕様です。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 
 特殊効果の使用と得点が得られる『マスターカード』 

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

 ショーの公演に必要な3つの条件の内の1つ『ポスター』

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

 『サプライ』には、キャンプタイル、コイン、宝石を入れておきます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

 ショーの公演に必要な3つの条件の内の1つ『キャンプタイル』は、橙・緑・紫の3色あり、サイズも大(6マス分)と小(4マス分)の2種類があります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

 ショーの公演に必要なコストとなる『宝石』は、透明・橙・緑・紫の4色あります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

 ショーの公演に必要な3つの条件の内の1つ『テント』 

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

 アクションで使用できる『トレーナータイル』

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)


『ダイス』『ワゴン駒』『コイン』

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 

『トレーナーマーカー』『得点マーカー』『帽子駒』 

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

インスト(4人プレイ用)

全体の準備

①『ゲームボード』と『サプライ』を中央に置きます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)
②ダイスを振ってスタートプレイヤーを決めます。その後、全てのダイスを振って、出目を維持したまま『ゲームボード』右上のメインテントに並べます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)


③『マスターカード』の内、左下にⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳと書かれた16枚を脇によけておきます。 

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 残った『マスターカード』を裏向きでシャッフルして山札にします。その後、山札から4枚引いて表向きでメインディスプレイに並べます。 

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

④『トレーナータイル』を裏向きでシャッフルして山札にします。その後、山札から4枚引いて表向きでメインディスプレイに並べます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

⑤『ワゴン駒』を移動エリア内の開始位置(太枠)に置きます。移動エリアは、上から橙・緑・紫の3種類あり、ダイスの色に対応しています。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)
⑥『テント』を移動エリアのポスターシンボルのある15ヶ所に、表向きで置きます。『テント』は1つ余るので、箱に戻します。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

⑦『ポスター』の内、初期ポスター(裏面が緑色)6枚を脇によけておきます。 

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 残りの『ポスター』を裏向きでシャッフルして山札にします。その後、山札から4枚引いてポスターディスプレイに表向きで並べます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

プレイヤーの準備

①各プレイヤーは同じ色の『得点マーカー』1個と『帽子駒』2個を取ります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 『得点マーカー』を『ゲームボード』の端にある得点トラックの【0/100】に置きます。以降、得点を得るたびに、この得点マーカーを進めます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 全てのプレイヤーは、2個ある『帽子駒』の内1個を『ゲームボード』の公演トラックに、次の手順で置きます。最初に、スタートプレイヤーが公演トラックの【♯1】に置きます。次に、スタートプレイヤーの左隣のプレイヤーから順に上へ上へと、空いている場所に置きます。各プレイヤーの手元に残った『帽子駒』1個は、そのまま手元に残して置いてください。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

②各プレイヤーに『プレイヤーボード』をランダムに1枚配ります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 『プレイヤーボード』を受け取ったプレイヤーは、右側中央に【A】と書かれた面を表にして自分の前に置いてください(【B】は上級者ルールで使います)。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 その後、プレイヤーボード番号(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)に対応したマスターカード(全体の準備で脇によけておいたカード)を取ります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

③各プレイヤーに、初期ポスター(全体の準備で脇によけておいたカード)6枚からランダムに1枚を配ります。余った初期ポスターは箱に戻します。

④各プレイヤーは『プレイヤーボード』に描かれた初期資源を得ます。

 下の写真の場合、6コイン、トレーナーマーカー1個、宝石(橙)・宝石(緑)・宝石(紫)・宝石(透明)を各1個が初期資源となります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 ただし、スタートプレイヤーだけ、1コインを右隣のプレイヤーに渡します。

⑤『トレーナータイル』の山札から4枚引いて、表向きにして全てのプレイヤーに公開します(全体の準備で並べたものとは別のものになります)。スタートプレイヤーの右隣のプレイヤーから反時計回りに、『トレーナータイル』を1枚選んで取ります。

⑥各プレイヤーは以下の写真のように並べます。  

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

ゲームの終了・勝利条件

 ゲームは3ラウンド制です。各プレイヤーは、順番に手番を1回行い、全てのプレイヤーが4回手番を終えたら、1ラウンド終了となります。 

 3ラウンド目が終了したら、そこでゲームは終了です。得点計算をして、一番点数が多いプレイヤーが勝利となります。 

 

手番の流れ

 手番は、①ダイスの獲得・②パワーの決定・③アクションの選択、以上3つで1手番となります。手番は、スタートプレイヤーから順番に時計回りで1回ずつ行い、1ラウンドで1人4回行います。

①ダイスの獲得

 獲得したダイスの色で【建設】【移動】アクションで選べる色が決まってしまいます。アクションを決めてから、獲得するダイスを決めましょう。

 『ゲームボード』のメインテントからダイスを1個だけ選び、出目を維持したまま、ダイスが置かれていない自分の『マスターカード』に置きます。

 

 『マスターカード』にはボーナスが用意されており、ダイスを置いた手番中だけ、そのダイスを置いた『マスターカード』のボーナスを、いつでも一度だけ使用できます。

 自分の4手番目が終了したときには、全てのマスターカードにダイスが置かれていることになります。

※透明のダイスは好きな色のサイコロとして扱います。

※獲得するダイスの出目が大きいほど、強いアクションを実行できますが、ラウンド終了時のコインの支払いも増えます。

②パワーの決定

 パワーの決定は、アクションで使用するパワーを決めるものです。次に行うアクションを決めてから、パワーを決めましょう。

 パワーの決定は、ダイスの置かれた自分の『マスターカード』が対象となります。この手番のパワーは、【この手番で取ったダイスの目】+【それまでの手番で取った(この手番で取ったダイスと)同じ色のダイスの目】となります。

※この手番で取った透明のダイスは好きな色のサイコロとして扱えますが、それまでの手番で取った透明のダイスはどの色としても扱えません。

 パワーはさらに増やすことができます。この手番で取ったダイスと同じ色の宝石をサプライに戻すことで、戻した宝石1個につきパワーを2増やせます。透明の宝石は、好きな色の宝石として使えます。

③アクションの選択

 プレイヤーは【建設】【移動】【公演】の3つのアクションから1つを選んで実行します。 

 

【建設】

  建設は、公演に必要な『キャンプタイル』を集めるアクションです。

①『プレイヤーボード』左側に示された【建設レベル】(3、5、7、9、12、15、18)から1つ選びます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 【建設レベル】の数字は必要パワーであり、【パワー決定】で決めたパワー以下の【建設レベル】しか選べません。数字の右の四角形は、獲得できる『キャンプタイル』の種類(大小)を表しています。

②『サプライ』から『キャンプタイル』を獲得して、『プレイボード』に置きます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 獲得できる『キャンプタイル』は、この手番の【ダイス獲得】で得たダイスと同じ色で、【建設レベル】で指定されたサイズ・個数です。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 『キャンプタイル』は好きな場所に好きな向きで置けますが、一度置いたら動かすことはできません。二回目以降、『キャンプタイル』は、先に置いた『キャンプタイル』のどれかと少なくともマス分は隣接させて置かなければなりません。

 『キャンプタイル』を置くことで、ボーナスが描かれたマスを覆えた場合、その時点でボーナスを得ます。上の写真の場合、3点と2コインを得ることができます。

 

【移動】

 移動は、 公演に必要な『ポスター』や『テント』、コストとして消費される『宝石』を集めるアクションです。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

①『ワゴン駒』を時計回りに進めます。

 動かせる『ワゴン駒』は、この手番の【ダイス獲得】で得たダイスと同じ色のものとなり、進められる数は、【パワー決定】で決めたパワー以下となります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

②『ワゴン駒』が到達したマスと通過した全てのマスにあったシンボルマークに応じて、『宝石』1個か『ポスター』1枚を獲得します。『テント』だけは通過では得ることはできません。移動を終えて到達したときだけ獲得することができます。

 上の写真の場合、宝石(橙)1個、宝石(緑)1個、テント1枚を得ることになります。 

 

・宝石の獲得

 『宝石』を獲得した場合、『プレイボード』の保管庫に置きます。保管できるのは1色3個までで、4個目以降の宝石は保管されず、自動的に1コインに換金されます。

 

・テントの獲得

 『テント』を獲得した場合、『プレイボード』の空いているテントエリアを選んで置きます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 上の写真の場合、『テント』を置いたことで、ボーナスシンボルを覆うことができたので、『ポスター』1枚とコイン2を得ます。

※『プレイボード』一番左に描かれたテントは、最初から持っているテントなので、ここには『テント』を置けません。

 

・ポスターの獲得

 ポスターシンボルを通過・到達した分だけ『ポスター』得ます。

 『ポスター』は、山札から1枚引くか、ポスターディスプレイから1枚選ぶかを選択できます。ポスターディスプレイから1枚選んで獲得した場合、山札から1枚引いて空いたスペースを埋めます。

 獲得した『ポスター』は『プレイボード』の上のポスターエリアに置きます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 すでにポスターが5枚置かれているときは、【古いポスターと交換する】【新しいポスターを捨て札にする】【新しいポスターを獲得しない】のどれかを選びます。 

 

【公演】

 公演は、『ポスターカード』『テント』『キャンプタイル』をそろえることで、得点とコインを得るアクションです。 

①『ゲームボード』上にある自分の『帽子駒』を、自分のパワー以下である公演トラックのマスに移動させます。二度目の公演の場合は、手元に残っている『帽子駒』を代わりに置きます。

②『帽子駒』を置いたマスに書かれた数だけ、ショーを公演できます。ショーを公演することを【ポスターを完成させる】と呼びます。

 【ポスターを完成させる】には、以下の条件を全て満たす必要があります。

・公演する『ポスター』の下に『テント』がある。

・『ポスター』に描かれた『キャンプタイル』を全て持っている(複数の【ポスターを完成させる】ときは、それぞれ必要な数だけ『キャンプタイル』を持っていなければなりません)。

・『ポスター』に描かれた『宝石』を全て支払う(複数の【ポスターを完成させる】ときは、それぞれ必要な数だけ『宝石』を支払います)。

※透明の宝石は、好きな色の宝石として代用できます。 

・『テント』に『宝石に赤い斜線が入ったマーク』が入っている場合は、追加で『宝石』を支払う必要があります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

③プレイヤーは完成させた全ての『ポスター』と『テント』に描かれた得点とコインを得ます。下の写真の場合、12点と3コインを得ることになります。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

④完成させた『ポスター』だけ、裏向きにして『プレイボード』の横に置きます。『テント』は『プレイボード』に残ります。
⑤完成させずに残っている『ポスター』があれば、空いたポスターエリアに移動させることができます。 

トレーナー能力の使用

 自分の手番中、プレイヤーは手持ちの『トレーナーマーカー』を使用することで、トレーナー能力を使用できます。

 『プレイボード』のトレーナーエリアにある『トレーナータイル』か、

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

『ゲームボード』の中央右よりにある『トレーナータイル』を選んで、

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)『トレーナーマーカー』を置くことで、タイルに描かれた効果を使用できます。上部が必要な『トレーナーマーカー』の本数で、下部が効果を表しています。

※『トレーナータイル』の中心にアイコンが描かれているものは、使用できるタイミングが決まっていますので、使用前に確認してください。

  使用した『トレーナーマーカー』は、この手番終了後、『ゲームボード』のメインテントに移動させます。

※トレーナー能力は、ゲームの勝敗を左右する効果が大きいため、使用できる効果を常に確認しておき、積極的に使いましょう。

ラウンド終了処理

 全プレイヤーが4手番を終えたとき、ラウンド終了となり、各プレイヤーは以下の処理を行います。

①支払い

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 橙・緑・紫の各色ごとに、『マスターカード』の上に置かれたダイスの目を合計して、一番大きな色の数字分だけコインを支払います。
 さらに、『マスターカード』の上に置かれた透明のダイスも合計して、その数字だけコインを支払います。

 コインを支払えない場合は、不足した1コインにつき、1ラウンド目は1点、2ラウンド目は2点、3ラウンド目は3点失います。3ラウンド目に5コイン不足した場合、3×5=15点の減点となります。 

②マスターカードとトレーナータイルの獲得

 まず始めに、公演トラックに『帽子駒』を2個以上置いているプレイヤーは、2個の内、下側にある『帽子駒』を自分の手元に戻します。

 次に、『帽子駒』が置かれた順番に上から、各プレイヤーは『ゲームボード』のメインディスプレイから隣り合わせになっている『マスターカード』1枚と『トレーナータイル』1枚のセットを取り、自分の『プレイボード』とその下に並べます。

③マスターカードの得点化

 自分の場にある5枚の『マスターカード』から1枚を選んで得点計算し、得点を得ます。その後、そのカードは捨て札にします。

④次のラウンド準備(1ラウンド終了時と2ラウンド終了時のみ)

 『ゲームボード』のメインテントにある全ての『トレーナーマーカー』を所有者の手元に戻します。

 全体の準備と同じようにメインディスプレイに、『マスターカード』と『トレーナータイル』を並べます。

 公演トラックの『帽子駒』を順番はそのままで下へ移動させて、ゲーム開始時のように並べます。一番下のプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーとなり、手番はスタートプレイヤーから時計回りで進むことになります。

 新たなスタートプレイヤーは、全てのダイスを集めて振り直し、出目を維持したまま、メインテントに並べます。

 ここまで終えたら、次のラウンドを開始します。

得点計算

 3ラウンド目が終了してゲームが終了したら、以下の3種類(マスターカード、コイン、エリア)から得点計算をして、合計得点を出します。

 

・マスターカード

 4枚の『マスターカード』を1枚ずつ計算して、半分の点数(端数切り捨て)を得ます。

 

・コイン

  5コインごとに1点を得ます。

 

・エリア

  『プレイボード』のキャンプエリア内にある9つに分かれた長方形エリアの内、完全に『キャンプタイル』で覆った1エリアごとに4点を得ます。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

 『宝石』が残っていれば、空いているスペースに置くことで、エリアを覆ったことにできます。これにより、ボーナスが描かれたマスを覆えても、ボーナスは入りません。

マグニフィセント(THE MAGNIFICENT)

最後に

 『マグニフィセント』のデザインを見て、嫌いでなければ絶対に買ったほうがいいです。あらゆるボードゲームの要素を取り込みながらも、上手くまとめた傑作です! 

※ルールを分かりやすく説明するため一部ルールを省略しています。プレイするときは、必ず説明書を読んでください。

こちらで買えます!