ボードゲームコレクション

ボードゲームのコレクションをを紹介しています。スマホで表示する方は下記ボタンを二度押してください。

ライジングサン 完全日本語版

f:id:sechsmerquise:20190106224756j:plain

 

基本情報

制作:アークライト(Arclight)

メーカー:CMON

デザイン:Eric M. Lang

 

 

特徴

 『ライジングサン』とは、神や妖(あやかし)が当然のごとく存在する架空の日本を舞台にしたゲームです。

f:id:sechsmerquise:20190106224813j:plain

 精密なミニチュアで話題になったゲームですが、色んなシーンで行うことができる『交渉』や『同盟』など、バトルだけでないゲームの面白さがあります。

 コンポーネントは多いのですが、ルールは簡単で流れにそってすんなり遊べます。

f:id:sechsmerquise:20190106224829j:plain

 こちらは、『ライジングサン』の売りともいえるミニチュアです。

f:id:sechsmerquise:20190106225024j:plain

 ゲームの舞台となる日本のマップ。

f:id:sechsmerquise:20190106225028j:plain

 プレイヤーが選べる勢力は全部で5つ。こちら『秋津』は蝦夷(北海道)を支配する勢力です。

f:id:sechsmerquise:20190106225031j:plain

 こちらは筑紫を支配する鉢木です。キャラクターのデザインが格好いいですね。

f:id:sechsmerquise:20190106225036j:plain

 こちらが上のイラストをミニチュアにしたものです。この大きさでここまで作り込むとは驚きです。

f:id:sechsmerquise:20190106225040j:plain

 こちらは妖(あやかし)です。モンスターですが、このゲームでは仲間になってくれます。こんなに強そうな見た目なのですが、基本的に人間キャラと同じ強さだったりします。

f:id:sechsmerquise:20190106225044j:plain

 大きさを比較すると、このぐらい違います。

f:id:sechsmerquise:20190106225103j:plain

 他のミニチュアを拡大してみると分かると思いますが、このぐらい精密です。色がついていれば飾っておけるほどの作りです。

f:id:sechsmerquise:20190106225117j:plain

 

流れ

 こちらがプレイ開始の初期配置です。そこそこスペースを取ります。

f:id:sechsmerquise:20190106225128j:plain

 バトルが起きる土地が指定され、

f:id:sechsmerquise:20190106225141j:plain

 政治フェイズで購入できるアクションが公開されます。

f:id:sechsmerquise:20190106225152j:plain

 毎回、お金をもらって、

f:id:sechsmerquise:20190106225207j:plain

f:id:sechsmerquise:20190106225229j:plain

 同盟を結んだりした後、政治フェイズで政策を選んで戦(いくさ)に備えます。

f:id:sechsmerquise:20190106225244j:plain

 政治ではこれら5つの効果を使用できますが、選べるのはランダムに引いた4枚の中のから選ぶため、運が悪いと自分の選びたいものが選べません。『交渉』の使い時は、この政治フェイズとなるため、自分に有利な条件になるようお金を渡したり、相手が有利な政策を選んであげたりします。

f:id:sechsmerquise:20190106225256j:plain

 政治を進めていくと、このような状況になりました。水色の勢力(秋津)が優勢です。

f:id:sechsmerquise:20190106225308j:plain

 

 蝦夷は水色が支配。

f:id:sechsmerquise:20190106225319j:plain

 陸奥も水色が支配。妖も土台に同じ色の台座を取り付けて仲間にしています。心強い。

f:id:sechsmerquise:20190106225331j:plain

 四国も水色が支配。

f:id:sechsmerquise:20190106225349j:plain

 長門、大和、信濃はどの勢力もまだ支配していないです。

f:id:sechsmerquise:20190106225419j:plain

 武蔵は赤色と水色の勢力が均衡しています。

f:id:sechsmerquise:20190106225432j:plain

 しかし、赤色の勢力は政治フェイズで購入した『獅子の道』があるので、黒い台座がついている大名(この勢力のボスです)は戦力が上がっています。

 ちなみに、この『ライジングサン』では兵士も大名も妖も、みんな戦力1です。そのため基本的に人数が多い方が有利となります。

f:id:sechsmerquise:20190106225443j:plain

 筑紫は黄色が有利です。

f:id:sechsmerquise:20190106225457j:plain

 バトルは戦フェイズで行われます。『ついたて』で隠した『戦のたしなみ』ボードの上の『切腹』、『人質』、『雇用』、『辞世の句』それぞれにお金を置いて、

f:id:sechsmerquise:20190106225508j:plain

 バトル参加者が全員置いたら公開します。それぞれの行動はたくさんお金を置いたプレイヤーだけが実行できるので、満遍なく置くより、一点集中がいいでしょう。

f:id:sechsmerquise:20190106225523j:plain

 このようなやりとりを3回行うとゲーム終了です。最終的に勝利点(日の出のマーク)をたくさん得たプレイヤーの勝ちとなります。

 

注意

 最後に一つだけ注意があります。一般的なボードゲームでは箱の中がスカスカなので、しまうのが楽なのですが、この『ライジングサン』はギッシリ入っているため、適当にやると箱に収まりません。

f:id:sechsmerquise:20190106225536j:plain

 妖のミニチュアの裏に台座をしまったり、タイルなどは小袋を百均などで購入して、なるべく平らにして上に載せてない箱がしまりません。

f:id:sechsmerquise:20190106225553j:plain

 独特な世界観となんでもありな『交渉』が楽しいゲームです。